UVが原因となる日焼けが起きるからくり

UVが原因となる日焼けが起きるからくり

2016.11.11

UVが原因となる日焼けが起きるからくり はコメントを受け付けていません。

長い期間、UVをあびていると日焼けをする事は、およそのひとがわかっています。日に焼けちゃう元凶であるUVというものは、一体どんなものなんでしょうか。

紫外線というのは、太陽の光の1つで、波長によりA波・B波・C波紫外線と3つに類別する事が可能なのです。ガラスの様な光を通すものでは、UVA波をさえぎる事が難しく、肌へ到達してしまいます。ガラス窓ごしに太陽光をあびていた際や、自動車で外出をおこなう際も、UVA波というのは通るため陽焼けするのです。

いっぽう、紫外線b波というのは雲で遮断出来る為、雲が多い日や、雨降りの日減ります。天候によって照射の量が違う紫外線の量というのは、此の紫外線b波なのです。

UVC波が日に焼けてしまう事に関わることはないのです。何故かというと、紫外線c波はオゾン層を抜けられないからです。

a波に関しては、窓ガラスを抜ける事が可能なので、皮ふの深部にある真皮まで通ってしまうのですが、有害性でいうならb波程度じゃないと言われているのです。

皮膚の日焼けしてしまう事を考えると、部屋で紫外線をうけるため、常に対策法をとる必要性のあるUVなのです。皮ふの色が褐色になる事が、色焼けの働きではじゃありません。しみやくすみが出来るし、肌のたるみや肌老化元にもなってしまうものなんです。

紫外線光で色焼けをするのは、肌を防ぐのにメラニンを多くする、防御策です。黒く焼けた肌は元気な印象を相手にあたえるのですが、スキンケアという観点において見るとお肌にとっていいことではない為、そのための対処法がたいせつです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のコメント

    カテゴリー